2018年10月18日

韓国、ICT普及で世界1位も労使関係は最下位圏


世界経済フォーラム(WEF)による国家競争力順位で韓国が140カ国中15位を記録した。比較的高い順位に入ったが、労働市場の硬直性のような韓国経済の慢性的問題点は依然として解消されていないと評価された。

WEFが17日に発表した「国家競争力評価結果」によると、2004年に29位だった韓国は2007年に11位まで上がったが、その後は下落傾向を見せ、2014~2017年には4年連続で26位にとどまった。今年の順位を昨年と単純比較すると11段階上がったことになる。だがWEFは今年から第4次産業革命のような経済環境変化を考慮して評価方式を改編した。新しい方式に基づく新指数を適用すれば韓国の順位は昨年の17位より2段階上がった。

WEFは基本要因、人的資源、市場、革新生態系の4大分野12部門で98の細部項目に対し統計資料と質問を通じ順位を付けた。

韓国の強みに対しWEFは「マクロ健全性管理努力、積極的な情報通信技術(ICT)とインフラ投資・普及、革新成長推進などに力づけられ基本要因の主要部門で世界最高水準の競争力を備えた」と説明した。

実際に基本要因分野を構成する3部門のうちICT普及とマクロ経済安定性は1位を占めた。残り1部門のインフラも6位と評価された。革新生態系分野のうち革新能力も8位で高い水準を記録した。細部項目中ではインフレ、公共部門負債持続可能性、光ケーブルインターネット加入者数、電力普及率などが1位に上がった。

これに対しWEFは韓国の国内競争が不足しているとし、独占寡占水準を93位と評価した。サービス業界の競争(51位)、競争体制下で税金と補助金の歪曲された影響(59位)などが生産市場の競争力を落とす要因に挙げられた。

労働市場の硬直性と人的資本の活用が最適化できていない点も弱点と指摘された。労使協力(124位)、整理解雇費用(114位)、人材の多様性(82位)、内部労働力の移動性(75位)などは下位圏だった。これに伴い労働市場分野の順位は48位にとどまった。

2016年にウガンダより順位が低く衝撃を与えた金融部門の順位は今年大きく上がった。2017年は74位だったが、2018年に19位と55段階の急上昇となった。ウガンダは119位だった。金融委員会関係者は「既存のアンケート調査中心の主観的評価の割合が減り客観的な指標が多く反映された結果とみられる」と説明した。

今回の競争力評価で1位は米国が占めた。シンガポールとドイツがそれぞれ2位と3位に入った。韓国の競争力はアジアで5位、経済協力開発機構(OECD)では12位を記録した。

今回の競争力評価で示された弱点について韓国政府は、「社会的大妥協を通じて段階的に労働市場構造改革を進めるだろう」と明らかにした。また「規制革新の速度感・体感度を高め、革新マインドの拡散と企業家精神高揚に向け企業の投資・雇用などを密着支援するだろう」

と付け加えた。

ー中央日報(2018.10.18)
  


Posted by wamindan at 09:53Comments(0)ニュース

2018年10月17日

2018年10月17日

わかやま民団KPOPダンスサークル「BRAD」金剛学園ダンスフェス参加


今年の9月16日に結成されたわかやま民団のKPOPダンスサークル「BRAD」が10月13日(土)に開催された金剛学園のKPOPダンスフェスに参加しました。結成3週の短い練習期間でも素晴らしい発表ができました。
「BRAD」の発表はここをクリックしてください。

  


Posted by wamindan at 13:28Comments(0)行事

2018年10月17日

2018年10月17日

WEF国家競争力ランキングで韓国15位…


世界経済フォーラム(WEF)が付けた国家競争力ランキングで韓国が140カ国の中で15位となった。WEFは今年から評価方式を改編した新しい指数を適用したが、これを反映すれば昨年(17位)より2ランク上昇した。

WEFはこのような内容を盛り込んだ「国家競争力評価結果」を17日(現地時間)、発表した。

2004年29位だった韓国は2007年に11位まで上昇したが、2009年19位、2011年24位、2013年25位に下落傾向を見せ、2014~2017年には4年連続で26位にとどまった。今年のランキングを昨年と単純比較すると、11ランクも上がった。だが、WEFが4次産業革命のような経済環境の変化を考慮して評価方式を改編したため、単に時間順に比較するのは無理があるというのが企画財政部の説明だ。

WEFは基本要因・人的資源・市場・革新生態系の4大分野、12部門、98細部項目に対して統計資料および質問を通じて順位を付けた。

韓国の強みについてWEFは「これまでのマクロ健全性への管理努力、積極的な情報通信技術(ICT)およびインフラ投資・普及、革新成長の推進などに力づけられて基本要因と革新力量など主な部門で世界最高水準の競争力を備えたと評価する」と明らかにした。

実際、基本要因を構成する3部門のうちICTの普及とマクロ経済の安定性は1位を占めた。残りの部門であるインフラも6位と評価された。革新力量も8位と高い水準だった。細部項目の中ではインフレーション、公共部門負債の持続可能性、光ケーブルのインターネット加入者数、電力普及率などが1位になった。

一方、WEFは独占・寡占と労働市場を韓国の弱点と指摘した。実際、12部門別ランキングのうち生産物市場(67位)の順位が一番低かった。独占・寡占の水準(93位)、関税の複雑性(85位)などが競争力の順位を下げた要因だった。労働市場分野も48位にとどまった。特に、労使間協力(124位)、リストラの費用(114位)、労働者の権利(108位)などは下位圏と評価された。

2016年ウガンダより順位が低くて衝撃を与えた金融部門は今年大きく上昇した。2017年旧指数の金融市場の成熟は74位だったが、2018年新指数の金融システムは19位に上昇した。政府関係者は「アンケート調査の比重を減らし、客観的な指標を多く反映した結果とみている」と話した。

全体140カ国の中で1位は米国だ。シンガポールとドイツがそれぞれ2、3位にのぼった。韓国の競争力はアジア諸国の中では5位、経済協力開発機構(OECD)の中では12位となった。

今回の評価について企画財政部は「韓国経済の持続可能な成長と脆弱な部門の補完に向けて所得主導成長と革新成長を両立する包容的成長が必要だ」として「所得分配や両極化問題、階層移動の断絶など、経済と社会の体質を改善する所得主導成長への努力が重要だ」と明らかにした。

また「経済・社会すべての部門を革新して生産性・効率性を高める供給の側面の革新成長も加速化する必要がある」として「規制革新の速度感・体感度を高め、生産物市場の躍動性を向上させ、革新マインドの拡散および企業家精神の高揚に重点を置いて企業の投資・雇用などを密着支援していく」と説明した。

ー中央日報(2018.10.17)
  


Posted by wamindan at 13:05Comments(0)ニュース

2018年07月31日

防弾少年団、初の日本ドームツアー…ファン38万人集結


韓国ボーイズグループの防弾少年団(BTS)が日本で初のドームツアーを開催する。

防弾少年団は30日午後6時、公式ファンサイトとSNSを通じてツアーポスターを公開し、「‘LOVE YOURSELF’ ~JAPAN EDITION~」の開催の便りを伝えた。

公開された日程によると、防弾少年団は11月13日~14日東京ドーム、11月21日・23日~24日京セラドーム大阪、2019年1月12日~13日ナゴヤドーム、2月16日~17日福岡ヤフオク!ドームでコンサートを開催する。

今回の公演は防弾少年団が昨年10月に京セラドーム大阪でデビュー以来初のドーム公演を開催したことに続き約1年ぶりに開かれる初のドームツアーで、38万席規模となる見込みだ。

これにより、防弾少年団は8月25日~26日ソウル蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場で開かれる「LOVE YOURSELF」ツアーを皮切りに、米国ロサンゼルス、オークランド、フォートワース、ニューアーク、シカゴ、カナダ・ハミルトン、英国・ロンドン、オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、日本・東京、大阪、名古屋、福岡など15都市32公演を確定させた。

一方、防弾少年団は8月24日にリパッケージアルバム『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』を発売する。

ー中央日報(2018.07.31)
  


Posted by wamindan at 10:25Comments(0)ニュース

2018年07月30日

硬式試合のお知らせ(9月1日)

【硬式野球親善交流戦】

日付:2018年9月1日(土)
場所:紀三井寺運動公園野球場
時間:09:00~
対戦カード:和歌山民団レッドタイガーズvsNW連盟チーム
  


2018年07月30日

韓国の外食費、賃貸料・人件費が引き上げる


#ソウルで6年前からタクシーの運転手をしているハン・チャンドクさん(63)は最近、家で昼食を食べる日が増えた。ハンさんは「よく行っていた淑大前の運転手向け食堂が最近、食事代を1000ウォン(約100円)ずつ引き上げた。自宅の方向へ行く客を乗せれば、家に帰って食事をして出直す」とし「私たちのような庶民は1000ウォン上がっても大きな負担」と話した。

#パクさん(51)は美容室でカットした後、クレジットカードの決済金額を見て驚いた。1万8000ウォンだったカット費用が2万1000ウォンに上がったからだ。パクさんは「年初にも3000ウォン上がったが、7月1日にまた上がった。髪も家で切ろうかと思うほど」と語った。

外食・サービス業の料金が一斉に挙がっている。ガソリン・軽油価格は4週連続で上昇し、今年の最高値となった。韓国消費者院価格情報ポータル「チャムカギョク」によると、今年6月を基準にソウルの冷麺1杯の価格は8808ウォンと、前年同月(7962ウォン)に比べ10.6%上がった。同じ期間、ソウル市の平均美容費は1万5769ウォンから1000ウォン上がった。また、韓国石油公社の価格情報サービスによると、今月第4週のガソリン販売価格は前週比0.7ウォン上がった1612.2ウォンだった。

自営業者は価格を上げるしかない状況という立場だ。ソウル新林洞で軽食店を運営するシン・ヨンスさん(39)は今月に入って24のメニューのうち7つの価格を500ウォンずつ上げた。シンさんは「主力メニューの温麺は2500ウォンのままだが、いくつかのメニューを500ウォンずつ値上げした」とし「こうしなければ人件費をカバーできない」と話した。

淑大前のタクシー運転手向け食堂の経営者は「先月、5000ウォンだったキムチチゲ、スンドゥブッチゲを1000ウォン引き上げた。10年ぶりの値上げで、限界だった」と語った。

理髪店「ブルークラブ」明洞(ミョンドン)店のハン・テソク店長は「今月から8000ウォンだったカット料金を9000ウォンに引き上げた。ソウル・京畿(キョンギ)の一部の店が料金を上げた」とし「人件費と賃貸料があまりにも大きく上がり、1000ウォン上げても収入が増えるわけではない」と話した。

夏が過ぎれば値上げに踏み切るという店も多い。ソウル北倉洞(プクチャンドン)のある刺し身店は秋夕(チュソク、中秋)後に各メニューを1000ウォンずつ引き上げる計画だ。この店の関係者は「値上げすれば客の冷たい視線を浴びるだろうが、食材料費など物価が上がっているのでどうしようもない」とし「周辺の店もすべてタイミングを眺めているところ」と話した。

しかしやむを得ず値上げしたことが売上減少の直撃弾になるケースも多い。価格上昇が経済全般の景気低迷につながる理由だ。1月にチャンポンの価格を8500ウォンから9000ウォンに引き上げたチャムポンジジョンのカン・ソンギョ代表は「4月から売り上げが毎月5%ずつ減り、年初に比べて7月の売り上げは80%水準」とし「まだ昼食が中心の中華料理店はましだ。単価が高い焼き肉店は夕食の客が減り、売り上げが年初に比べて40%ほど落ちている」と伝えた。

ー中央日報(2018.07.30)
  


Posted by wamindan at 13:19Comments(0)ニュース

2018年07月24日

第2回KPOPヲタク集まり


KPOPが好きな友達が集まるKPOPヲタクが2018年7月21日15時から韓国民団和歌山県本部3階にてスタートしました。
中高大学生5名が集まって、KPOP動画をみたり、韓国のお菓子を食べながら、KPOPの話をたくさんすることができました。
これからKPOPに関することをたくさんしていくつもりなので、今後から新しい友達もぜひ参加してください。

第2回KPOPヲタク日程

日付:2018年8月11日(土)
時間:午後3時
場所:韓国民団和歌山県本部3階
   (和歌山市屋形町2丁目31/TEL.073-424-7264)
対象:10~20代のKPOPが好きな人は誰でも歓迎
参加費:1回200円(施設使用料)
問い合わせ:jeonjujames@daum.net, 080-3859-2074, Line ID: heeman19
申込書 → click!
  


Posted by wamindan at 15:54Comments(0)お知らせ

2018年07月24日